ゲームエフェクトデザイナーのブログ (新)

レポート記事とかUE4のマテリアルとか。C#とかも触ったり。

英語ネイティブの発音について

リスニング力を上げるにはスピーキングも重要ということで、ネイティブの発音についてのアレコレをメモってメモっておきたいと思います。

 

参考動画 / 参考記事


ニック式英会話の「この英語、聞こえますか?」シリーズはとても良いです。

毎回、日常会話で定番のフレーズを取り上げて、ネイティブな発音になると単語が省略されまくって別物みたいになるその仕組みと、同じフレーズでのバリエーションも挙げながら丁寧に解説されています。

それからこちらの解説記事。

ネイティブ発音で省略されたりする例を音声付きで大量に挙げられていてとても分かりやすいです。ニック式英会話が日常会話フレーズを取り上げているのに対して、こちらは短くて代表的な単語や単語の組み合わせに絞られているので、先にこちらの音声を一通り聞いてみる方が良いかもですね。

めちゃ丁寧に文章で解説されてますが、最初はそのあたりは飛ばし気味に読んで発音だけ確認するので大丈夫と思います。

Phonicsフォニックス

英語圏の子供たち向けの発音の学習法だそうですが、YouTubeには大人向けに解説している動画もあって参考に視聴したりしています。

 

発音が難しい英単語


個人的に最も難しいと思うのは「 T 」が入る単語です。

「 T 」をしっかりとは発音せず「D」とか「 L 」に近い発音になったりして、これを「フラップ」と言うそうです。先ほど紹介した動画や記事でも解説されています。

個人的にはLとRの使い分けなどよりこっちの方が難しい。。

Absolutely アヴスォリュールリィ
auther オゥスァ
better ベトゥァ
bottle バートゥォ
certainly セァルンルィ
daughter ダウラー
either アイズァ
father ファーダー
interview イナビュゥ
letter レラー
mother マダー
Sarturday サールァダィ
theater ディアデゥァ
three トゥリィ
water ウァラァ
writer ライルァ

 

発音が予想と違う英単語


もう1つ「日本語的な読み方とは結構違ってた!」というパターン。

例えば「walk(ウォークと思いきやワーク)」と「work(ワークと思いきやウォーク)」なんかはその典型なものになるかと思うのですが、メモっておきます。
※イギリス英語は日本語読みに近いそうで、イギリス英語とアメリカ英語どちらを習得したいかで覚え分けが必要っぽいのでご注意

英語 ネイティブ発音 日本的な発音
accept エクセプト アクセプト
awesome アァスン アウェサム
audience アァディエンス オーディエンス
been ベェン ビーン
behind バハィンド ビハインド
blame ブレィム ブラム
capacity カパァシィディ キャパシティ
confirm ケンファーン コンフィーム
comfortable カゥンォテボゥ コンフォテーブル
deny デナィ デニィ
education エジケィシュン エデュケーション
emotion イモーシュン エモーション
engage インゲィジ エンゲージ
enjoy インジョゥィ エンジョイ
equal イークォァ イコール
laboratory ラーヴロァトゥォリィ ラボラトリー
local ローコゥ ローカル
mobile モゥボゥ モバイル
moral モゥロゥ モラル
obvious アウビアス オブビオース
occur アクァー オクアー
official アッフィッシァゥ オフィシャル
operate アゥペレィト オペレート
origin ァージン オリジン
pencil ペンソゥ ペンシル
poor ポゥァ プアー
purpose プァペス パーポス
receive リスィーヴ レシーブ
region リージュン ギオン
relative レリティヴ リレイティブ
stew スティユ シチュー
succeed スィクスィィド サクシード
sure ショゥァ シュア
tool トゥォ ツール
vehicle ビエクゥ ビハイクル


赤字のものは普段からよく使う上に、それまでの自分の認識とめっちゃ違ってたので特に注意しようと思ったものです。

※追加するかもしないかも