ゲームエフェクトデザイナーのブログ (新)

レポート記事とかUE4のマテリアルとか。C#とかも触ったり。

2人で短時間で可能でカンタンな英語学習

思いきり敷居が低くて、英語のスピーキングの練習になる方法は何かないかなと思い、ふと「こんな勉強法どうだろう?」と思って会社の後輩とボイチャしながら試してみたものが3つあるので紹介してみます。

英単語しりとり


ボイチャに加えて、Slack や Discord の DM や zoom のチャット欄なんかを利用します。

ベースは普通にしりとりそのまんまですが、ちょっと工夫を考えてみました。

まずAさんが1つの単語を相手に伝わるよう良い発音でハッキリと発声し、次の順番のBさんは聞いた単語をテキスト欄に入力します。

Aさんは日本語の意味を口にして正しいかどうか判断、発音や綴り自体が怪しければGoogle翻訳などでみんなでチェック。

そして次はBさんが単語を考えて発声。


‥を繰り返します。

単語に縛りルールが無いといくらでも続けられそうな感じだったので、名詞縛りとか5文字以上縛りとかすると良いかと思います。ゲームとしてはものすごく緩いですが、ワイワイ楽しくできたのでアイスブレイクとしてとても良い感じでした。

ただ、すぐ飽きてくるので5分やってみるくらいが良いかも。
その際に5分で何単語までいけるかで成長の指標としたりなんかも面白そうです。

ちなみに検索してみると英単語しりとりの記事が色々出てきますね!

AI 相手にしりとりできるウェブアプリも!

余談ですが「e」で終わる単語が多いですね。。

写真の説明


例えばこちらの画像‥パリっとスーツを着た男女が写っています。

この写真の説明をAさんBさんで交代しながら英語で言います。なるべく早く。
例えば‥

A : There are two people.

B : The man is wearing a gray suit.

A : He is pointing to a file.


こんな感じです。

中学校の教科書に出てくるくらいの文章を瞬間的に作るための練習になるかと思います。言える人は頑張って長文にしていくと良いかと思います。

そして慣れてきたらデタラメなんかも加えていきます。

B : His name is Mike and her name is Susan, absolutely!

A : Really?

B : Yeah.

A : Okay. She is thinking about dinner and not listening to him.

B : He's trying to sell her a junk.


砕けた相手じゃないと悪ノリできないかも知れませんが「会話で冗談を言う」という高次元のステップを簡単な英語で試せて良い感じでした。

これも10分くらいやってみるのが良いです。
言いたいけど言えなかった表現はメモっておいて後で調べます。

ちなみにDMMでのお気に入りの先生からは下記のようなアドバイスをもらいました。

●「目が見えない人に説明する」のを想像してみる
 そうするとしっかり状況を説明しようという気持ちになる

●下記のようになるべく長い文章を作るように頑張ってみる

・1つの文で情報を詰め込む
 There's a pregnant woman with long curly hair.

・ and や so で2つの文を繋ぐ(~~だから~~だと思う‥のように)
 The woman on the sofa and she's pregnant.
 The room is very bright so I think the weather is fine.

・関係代名詞を使う
 The pregnant woman who has long hair is sitting on the sofa.


それから、これは別にDMM英会話の写真を使う必要はなくて Googleの画像検索で色んな写真を探せばそれで良いですが、DMM英会話の教材なら写真に関連する単語やその例文・音声まで添えられていてとても良い感じです。

瞬間英作


3つ目はお題に応じて1人が簡単な日本語の文章を作って口に出し、もう1人が英語に訳して発声するのを繰り返します。

今回やってみたのは「関係代名詞 Who を使った簡単な文」です。

しかも「I met a boy who ~~」まで固定でやってみました。例えばこんな感じ。

I met a boy who likes apples.

I met a boy who can play the piano.

I met a boy who lives in Paris.


慣れてきたら Whose を使ってみたり、前半部分を変えたり、関係副詞 Where, When に焦点を当てたりと内容を簡単に広げていけるかと思います。

これも10分ほどやってみましたがとても良かったです。

お題を考えるターンでも、構文に沿った日本語の文章をパっと考えようと脳みそを使うのもまた結構良い感じがしました。

あと、もっと単純に例えば「都市名 is famous for 何か」をひたすら素早く言い合うだけでも良いと思いました。覚えたい表現があれば何でもお題にできそうです。

瞬間英作文の本や練習法もググってみると色々出てきますね!


合計30分、ランチタイムでも可能で、気楽に楽しんで英会話の練習になりました。

お試しあれ!