ゲームエフェクトデザイナーのブログ (新)

レポート記事とかUE4のマテリアルとか。C#とかも触ったり。

Danganronpa 頻出名詞 "matter"

Danganronpa でよく登場する名詞の中でも、英語初学者にはちょっと意外な使われ方がされているものを取り上げていきたいと思います。

今回は「matter」です。

 

主な意味


matterもまた幅広い場面で使える単語のようです。
matterの意味・使い方・読み方|英辞郎 on the WEB

パっと思いつくのは「問題・事柄」で、実際に Danganronpa でもその意味で使われている場面が大半ですが、バリエーションが豊富なため例文を多く含めておきたいと思います。

また「原因・状況・程度・物質」といった意味もあるようです。

問題・事柄


まずは素直な使われ方をしているものから。

a matter of 名詞 ~の問題
the matter at hand 当面の問題
really matters 本当に重要
be all that matters ~だけが問題だ
What matter is ~. 大切な事は~だ。
What matters right now is ~. 今重要な事は~だ。

 

次に「no matter」シリーズ。
「No matter what.」で完結する文がゲーム中で最も多く登場していました。
「who / which」は少なくともメモった中には見当たりませんでした。

No matter. 問題ない。/ 大丈夫だ。
No matter what. 何があっても。
No matter what 節 ~(が何か)であっても
No matter how 節 ~(がどれほど)であっても
No matter where 節 ~(がどこ)であっても
No matter when 節 ~(がいつ)であっても
No matter who 節 ※Danganronpaに未登場 ~(が誰)であっても
No matter which 節 ※Danganronpaに未登場 ~(がどちら)であっても


具体的な例文はこちら。「no matter how」が最もよく登場していました。

no matter the cost どんな犠牲を払ってでも
no matter what it takes 何としても
何が必要だとしても
no matter how much I looked いくら探しても
no matter how much you think about it いくら考えても
no matter how much you might assist in a murder いくら殺人を手伝っても
no matter how much they may hate what I'm doing 私のしていることがどんなに彼らに嫌がられていようとも
no matter how much time passes どんなに時間が経っても
no matter how much time you take いくら時間をかけても
no matter how many times I go through this 何度経験しても
no matter how hard you try どんなに努力しても
no matter how awful something is どんなに嫌なことでも
no matter how tough he pretended to be どんなにタフなふりをしても
no matter how intensely the stormy seas いくら荒波にもまれようとも
no matter where you're (at) あなたがどこにいても


それから、ちょっと変わった使われ方のもの。

こちらは文頭のフレーズとしてよく登場していました。
「事実の事柄として ⇒ 実は / 実際は」という感じでしょうか。

As a matter of fact, 実は / 実際のところ


直訳しても「数分の出来事で」と読めますね。
minutes は days や weeks などに置き換えられるようです。

in a matter of minutes ほんの数分で / あっという間に


また、こちらのような文章も登場しました。
have a say in the matter(口出しをする権利がある)」という表現があるようです。

I wouldn't have any say in the matter 私には何も言えない

 

物質


物質としての使われ方はこの1つだけでした。
ググると「grey matter」は脳の「灰白質」のようですが「Use your gray matter.(頭を使えよ)」という風に使えるみたいですね。

put that lump of grey matter to use 頭を働かせる

 

おまけ(動詞)


動詞としても「matter」は「重要である」といった意味を持ち、下記のようなバリエーションでちょくちょく登場しました。

ちなみに「主語 + do/does + 動詞」は強調表現で、こちらもたまに登場しています。

It DOES matter それは重要なことです
It doesn't matter それは問題ではありません / そんな事はどうでもいい
It doesn't matter anymore もはやどうでもいいことだ
Not that it matters, どうでもいいことですが、
How come doesn't matter なぜかは関係ありません。
how you do it doesn't matter やり方は問わない