ゲームエフェクトデザイナーのブログ (新)

レポート記事とかUE4のマテリアルとか。C#とかも触ったり。

Netflixで英語字幕から英文を学ぶ

Netflixで「とある科学の電磁砲」1話を英語音声/英語字幕で観てみました。

視聴時にはChromeアドオンの「LLN」を使用していますが、どういう感じで観ているかはこちらに書いています。

さて、冒頭でこちらのようなセリフがありました。

だっから しょうがないでしょ
あんたたちが来る前に 終わっちゃうんだから


こちらは英語字幕で下記のように訳されています。

It's not like I can help it, right?
I always finish before you guys show up.


ここが英語の難しいところですが、誰でも知っているレベルの単語でしか構成されていないにも関わらず、フレーズを知らないので意味が全く分からず難解な文章に感じます。

ちなみにフレーズに関してはこちらに記事にしています。

という訳で、まずはGoogle翻訳とDeepL翻訳にかけてみました。

DeepL翻訳は意訳に近い訳し方になったりするので、実はGoogle翻訳の方が直訳に近くて文章構成を理解しやすかったりします(一方でGoogle翻訳は基本的にフレーズに弱いので全く力になってくれないこともよくあります)。

DeepL翻訳:
どうしようもないですよね。
いつもお前らが来る前に終わるんだよ

Google翻訳
手伝ってくれるわけじゃないですよね?
皆さんが現れる前に私はいつも終わります。

 

前半部分の訳に関してはDeepLに軍配が上がっているのがよく分かります。しかしなぜ「It's not like I can help it, right?」が「どうしようもない」という訳になるのかは分かりません。

そこで検索のために文章を分解してみます。
今回の場合は以下のような感じで分けられそうだと思いました。

・It's not like (~that節?)
・I can help it
・show up


それぞれGoogle検索したり、Google翻訳やDeepL翻訳にかけてチェックしてみたりしますが、今回はストレートに参考になる解説サイトがすぐ見つかりました。

これらの解説記事から、前半の「It's not like I can help it」は「仕方がある‥訳では無い」と意味が逆転して「仕方ない」になってるということでしょうかね。

ややこしい。。

後半は「show up」が「現れる」ということが分かれば簡単で、「いつも私はあなたたちが現れる前に終わらせる」になる訳ですね。

ちなみに英語音声の方はというと‥

「I can'ts help it ~~~ , can I?」「I'm always done matter times guys event show up.」??速過ぎて全然聞き取れません。。もしこれが聞き取れたら、元のセリフから自然な口語にどう訳されるのかの勉強にもなりそうですが‥