ゲームエフェクトデザイナーのブログ (新)

レポート記事とかUE4のマテリアルとか。C#とかも触ったり。

A.I.Gigapixel を試してみた

良さそうに思ったので試してみました。使い方はこちらに説明があります。

 

A.I.Gigapixel の設定について


f:id:moko_03_25:20180913021422j:plain

『Enlarge Options』
 Reduce Noise and Blueの設定で「ノイズ除去&ブラー」を同時に適用するかを指定
 

ハリネズミの写真


写真はこちらのものを使用させていただきました。

▼ 元の状態(300x155 ※プレビュー用にニアレストネイバーで1800x930に拡大)

f:id:moko_03_25:20180913021420j:plain

Photoshop CS6 で1800x930に拡大(バイキュービック法 - シャープ)

f:id:moko_03_25:20180913021417j:plain

A.I.Gigapixel で1800x930に拡大(Strong設定で600%)

f:id:moko_03_25:20180913021414j:plain

 

猫の写真


写真はこちらのものを使用させていただきました。

▼ 元の状態(300x155 ※プレビュー用にニアレストネイバーで1800x930に拡大)

f:id:moko_03_25:20180913021411j:plain

Photoshop CS6 で1800x930に拡大(バイキュービック法 - シャープ)

f:id:moko_03_25:20180913021515j:plain

A.I.Gigapixel で1800x930に拡大(Strong設定で600%)

f:id:moko_03_25:20180913021512j:plain

 

イラスト


▼ 元の状態(300x155 ※プレビュー用にニアレストネイバーで1800x930に拡大)

f:id:moko_03_25:20180913021509j:plain

Photoshop CS6 で1800x930に拡大(バイキュービック法 - シャープ)

f:id:moko_03_25:20180913021506j:plain

A.I.Gigapixel で1800x930に拡大(Strong設定で600%)

f:id:moko_03_25:20180913021502j:plain

A.I.Gigapixel の結果に対してPhotoshopの「ぼかし(表面)」でノイズを馴染ませたもの

f:id:moko_03_25:20180913024654j:plain

f:id:moko_03_25:20180913024717j:plain

イラストに使った場合が一番分かりやすいですね。。

という訳で「A.I.Gigapixel」を使ってみた印象としては、シャープなエッジをかなり保ってくれるのと「Neat Image」のようなスムージングをかけてくれてる感じで、結果も思っていた以上に綺麗でなかなか良いなあと。

ただ、自分が所持しているPhotoshopがCS6なので比較対象として微妙そうでもあります。。

アカウント取得が必要なこと、拡大実行時に計算時間が結構かかること、設定が少ないこと、設定を変えつつリアルタイムプレビューができないこと、イラストではベタ塗り部分にガビガビが出たりなど不満点は色々あるものの、重宝しそうに思いました。